スタッフの日常
医学生や研修医はもちろん、
他科・他施設より転科・転向を考えている医師も幅広く受け入れています。
当救命救急センターは湘南・県西・一部県央地域を担当する三次救急医療施設として診療に当たっています。三次救急施設というと、重症疾患ばかりを診ていると思われがちですが、年間約6500の救急車搬送症例と約300のドクターヘリ搬送症例から、Common Disease〜重症疾患まで研修する事が可能です。一つの施設で様々な疾患を研修できるのが魅力だと考えています。

 当施設は多種多様かつ豊富な症例と各領域の専門医師による指導のもと、一流の救命救急医の養成に力を入れている施設のひとつです。搬送件数・診療レベルともに全国トップレベルであると自負しています。特にドクターヘリ搬送や平成17年にリニューアルした新・救命救急センターの充実した設備は他施設にはない大きな魅力ではないでしょうか。

 前期研修医・後期研修医はもちろん、医学生や他科・他施設よりの転科・転向を考えている医師も幅広く受け入れています。現在、他大学や他病院で勤務されていらっしゃる方でも、医師年数に合わせた役職で採用を行っています。

 見学を歓迎していますのでお気軽にご連絡ください。