スタッフの日常
初期研修を終え、勤務先を考えている研修医のみなさまへ
 適切な診断と治療を迅速に行える救命救急医が社会から必要とされている現在、全国的に救命救急センター数は増加し、またその規模も拡大しています。2004年度からの臨床研修必須化で救命救急科が必須ローテートになったことは、まさにその裏づけであるといえます。
 しかしながら救命救急センターに搬送される急性期疾患は少なく、また初期診療に対応できる医師を養成する研修システムや研修病院は多くありません。
 当施設は多種多様かつ豊富な症例と各領域の専門医師による指導のもと、一流の救命救急医の養成に力を入れている施設のひとつです。搬送件数・診療レベルともに全国トップレベルであると自負しています。とくにドクターヘリ搬送や平成17年にリニューアルした新・救命救急センターの充実した設備は他施設にはない大きな魅力ではないでしょうか。
  救急初期研修を終えて、「興味が沸いてきたので、より深く救急医療を勉強したい」と考えている研修医のみなさま。また、十分な救急研修が受けられずに「一度は本場の救急医療を経験したい」と考えている研修医のみなさま。
「百聞は一見にしかず」です。
 まずは見学に来てください。夏休みや冬休みなどを利用して見学される方も増えています。遠慮なくお気軽に下記までご連絡ください。
 研修医はもちろん、医学生や他科・他施設よりの転科・転向を考えている医師も幅広く受け入れています。
外科や内科に比べると、救命救急医学の歴史は浅く、まだまだ発展途上の学問です。しかしながら近年の医療技術の革命的な進歩により、救命救急医学自体も大きく変貌を遂げています。とても手の施しようのなかった疾患・病態が治療でき、緊急手術適応であった患者さんがより安全で侵襲の少ない検査や治療法で救命可能となりました。
 こういった変革・発展は今後もまだまだ続くものと考えられ、このような分野・学問の発展の一端を担うことができるのはわれわれの大きな喜びのひとつであるといえます。また発展途上の分野であるため、さまざまなチャンスがあるのも事実です。
チャンスに後ろ髪はありませんよ。