教授挨拶
日常の業務

本年度より外来と入院の担当チームを分けた業務体制をしいております。

ER(外来)チーム
ERを担当するチームを3チーム置いており、基本的に3日に1回(24時間)のサイクルでERを担当しております。1日平均救急車台数20〜30台程度に対応しております。3日に1回当直がある形にはなりますが、当直日以外の日は基本的に診療業務から開放され、休日にあてることや、他の業務(基礎研究等)にあてることができます。また1カ月に2回程度は日直のみを担当する早帰りという制度もあります。AM8時15分に交代する形となっており、1チーム救命救急医3名+研修医で担当する形となっています。

入院チーム
救命救急科にて入院となった患者を担当します。救命救急科では常時50〜60名程度の入院患者がおり、現在は2チームで分け診療にあたっております。ただしICUや熱傷センターに入院している重症患者についてはチームを分けず診療しております。入院患者は多発外傷、熱傷、急性中毒、敗血症等の患者が中心となります。AM7時30分より回診を行っております。土日、祝日等は当直体制としております。

カンファレンス
平日並びに第1・3土曜のAM8時30分よりカンファレンスが行われます。前日に入院した患者や入院中の患者の状況についてプレゼンがなされ、医局全体で症例検討がなされます。

リサーチカンファレンス
毎週金曜日に基礎研究の経過や結果を発表し検討会を行っております。

抄読会
毎週金曜日に持ち回りで、主に海外の文献を紹介、検討しております。

医局会
毎週金曜日に行われます。